平成29年度 日本結晶学会年会および会員総会

平成29年11月23日(木)・24日(金) JMSアステールプラザ(広島市)

お問い合わせ

プログラム

会場

会場見取り図はこちら

受付 1F 市民ギャラリー 入口
A会場(物理・鉱物系) 4F 大会議室
B会場(化学系) 2F 多目的スタジオ
C会場(生物系) 2F 中ホール
ポスター会場・企業展示会場 1F 市民ギャラリー

プログラム概要

プログラムの詳細は こちら[準備中] をご覧ください。

11月23日(木)
9:15~ 受付 1F 市民ギャラリー 入口
10:00~12:15 オーラルセッション I A, B, C会場
12:30~13:30 ランチョンセミナー(リガク) A会場
13:30~15:00 ポスターセッション I 1F 市民ギャラリー
15:30~16:30 会員総会および学会賞授賞式 C会場
16:40~18:00 学術賞受賞講演 C会場
18:30~20:30 懇親会 広島市文化交流会館 3F「銀河」

11月24日(金)
9:30~11:45 シンポジウム A, B, C会場
12:00~13:00 ランチョンセミナー(PDBj) A会場
13:00~14:30 ポスターセッション II 1F 市民ギャラリー
14:30~15:30 男女共同参画推進委員会企画 A会場
15:30~16:00 進歩賞受賞講演 C会場
16:00~18:00 オーラルセッション II
(終了時刻は会場によって異なります)
A, B, C会場

シンポジウム

物理・鉱物系シンポジウム

乱れの結晶学がもたらす材料科学の革新
オーガナイザー: 雨宮慶幸(東大)、木村滋(JASRI)、吉朝朗(熊大)

 社会実装を目指した材料開発では、構造の乱れを利用した機能発現と、その「乱れた構造」を設計することが注目されてきている。本シンポジウムでは、そのような先端機能性材料の研究者を招き、「乱れの結晶学」という視点から研究詳解を頂き、実材料開発と結晶学をつなぐこれからの課題について御議論頂く。また、その課題解決に強力なプローブの一つとして、放射光のナノアプリケーションの最近の進展とその役割、今後の可能性についてもご紹介頂く。本シンポジウムは、基盤研究の基礎学理のひとつである「結晶学」が、先端材料研究に求められる発展の方向性を探ることを目的とする。そして、産と学の両輪をつなぐ車軸としての役割を成す基礎学理として、産学連携における結晶学のこれからについて議論の起点となることを目指す。

プログラム

『チョコレートのおいしさと結晶化』
上野聡(広島大)
『非平衡系を利用した結晶空間の設計』
河野正規(東工大)
『動的特性・機能を観る結晶学』
藤原明比古(関西学院大)
『先端X線回折が拓く「乱れの結晶学」に基づく実用機能性材料設計』
松原英一郎(京都大)


化学系シンポジウム

有機化合物ー錯体ー無機物質の結晶が織りなす多彩な構造と機能
オーガナイザー: 網本貴一(広島大・院教育)、福岡宏(広島大・院工)

 有機骨格や無機元素などのパーツを精巧に組み上げた超分子集合体やナノ構造は、興味深い構造を作るとともに、有機小分子や無機イオンでは実現不可能な多彩な機能を発現します。本シンポジウムでは、有機、無機、およびそれらの複合材料が結晶や固体の状態で見せる新奇構造や機能について、第一線でご活躍されている先生方から最新の研究成果をご紹介いただきながら、結晶化学の今後の展望を考えます。

プログラム

『超分子的アプローチによる多孔質有機塩の階層的構築と機能制御』
藤内謙光(阪大・院工)
『金属錯体と有機アクセプターからなる電荷移動塩の結晶構造と発光特性』
松下信之(立教大・理)
『分子性の酸化物クラスターを積層させた機能性酸化物の構築』
定金正洋(広島大・院工)
『ポリ酸の結晶構造と溶液構造』
尾関智二(日大・文理)


生物系シンポジウム

放射光X線利用による核酸構造研究の新展開
オーガナイザー: 栗栖源嗣(阪大・蛋白研)、杉山成(高知大・理工)、片柳克夫(広島大・院理)、藤原久志(広島市大・情報科学)

 核酸は、有機低分子や蛋白質とは異なった構造的特徴を持ち,これまでにない画期的新機能が次々と明らかにされており,今後の構造研究・応用研究の発展が期待されています。本シンポジウムでは、核酸(医薬)を基盤とした高機能生体分子の解析と設計の研究について,第一線でご活躍されている先生方にご紹介頂き,最新展望を議論します。

プログラム

『XFEL強力超短パルス照射によるヨウ化ウラシルの電荷および構造ダイナミクス』
和田真一(広島大・院理)、永谷清信(京都大・院理)、福澤宏宣、本村幸治、上田潔(東北大・多元研)
『アプタマー創薬と構造生物学』
坂本泰一(千葉工大・先進工学)
『DNA構造バイオナノテクノロジー』
近藤次郎(上智大・理工)
『LysRタイプ転写調節因子-DNA 複合体のX線結晶構造解析』
千田美紀(KEK-PF)
『CRISPR-Casの結晶構造と機能改変』
西増弘志、濡木理(東大・院理)

トップへ

会場 見取り図

トップへ

年会について

開催案内

会場案内

周辺案内

ページのトップへ戻る